title.png

本研究所は 1984 年(昭和 59 ) 4 月、「ニンジン焼酎」発明を機に、
北野町有志の要請により同町の活性化と地場産業育成を目的として、
『九州地場産業研究所』を創設いたしました。
一方、 1963 年(昭和 38 )の北野町し尿処理場建設問題を機に、
環境修復の視点から微生物による有機廃棄物リサイクル方法の研究にも力点を注ぎました。
そして、 2000 年 4 月、これまでの研究成果をさらに充実発展するため、施設設備を充実させ、
『株式会社 福岡生物産業開発研究所』と改名しました。

会社概要

社名     株式会社 福岡生物産業開発研究所
事業内容    環境と食品に関する
            新案・特許に関する研究開発
            改良・実用性の研究開発
            講演・講習会開催
    微生物資材の製造発売
    堆肥製造装置の製造発売
    堆肥・園芸培養土の製造発売
    余剰汚泥浮上分離装置の製造発売
所在地

    〒830-1113  福岡県久留米市北野町中 275-8
    TEL 0942-78-6135
    FAX 0942-78-0201

創業     1984 年 7 月
設立    2000 年 4 月
資本金     1,000万円
役員     代表取締役 田中 鈴子
取引銀行    福岡銀行  福岡中央銀行  みい農業協同組合

沿革

昭和 59 年 4 月   郷土の産業活性化を目的として、『九州地場産業研究所』を創設。
平成 2 年 8 月
   「放線菌による有機廃棄物の生物学的脱臭法」(特許)を発明。
    家畜ふん尿 5 日間処理による完全脱臭法を開発。

平成 9 年 4 月

    「放線菌による有機廃棄物の堆肥化法及びその装置」(特許)を発明。
    生ごみ、家畜ふん等の 3 週間完熟堆肥製造法を開発。

平成 12 年 4 月
    これまでの発明の実用化と新規技術の社会貢献の実践を目的として、
    『株式会社福岡生物産業開発研究所』を設立。
平成 16 年 5 月
    AFMS (放線菌返送式山脈型形成堆肥製造装置)を
    JA みいの平成 15 年度資源リサイクル畜産環境整備事業
    『 JA みい土づくりセンター』納品・稼動。

5 つの経営方針

新規性     既存品と既存方法を比較して、
    公知技術にはない斬新なアイデアの商品技術を発明し、
    優位性を強調することに努めます。
科学性     研究や分析により裏付けされたデータを基に、
    科学的・論理的に的確なアドバイスと技術を提供します。 

有用性

    お客様のニーズと当社のニーズを合致させ、
    世の中に役立つために全力を尽くし、
    付加価値のあるものをつくりだします。

経済性     経営資源である『人・物・費用・情報・時間』を考慮し、
    無駄を省いた装置の開発し、
    適正な価格かつ簡便に利用できるものを提供します。
社会貢献     上記を考慮して、真の環境修復のために全力を尽くし、
    資源循環型社会の構築を目指します。