title.png

E-システム & アクティソイル菌

  • グリーストラップの油による BOD や臭いを改善されたい方

データと実績

排水中の油を 62.5 ~ 85.5% 減量させました!

油の量を知るための分析項目は、n-ヘキサン抽出物を測定することでわかります。
E-システムを導入いただいた店舗様について、
グリーストラップ流入口排水と処理後の排水を分析した結果、
流入口排水の油を62.5~85.5%減量することができました。

data.jpg

油泥引き抜きが年 12 回から年 1 度だけに減少!

ESbeforeafter.png

某飲食店では、年間12回グリーストラップの引抜きを行っていましたが、
AS菌を使用することにより年1回もしくは引き抜かなくてもよくなったという報告を受けています。
AS菌により油脂の分解や油泥削減がされると、
今まで流されていた油脂類が低減するため、環境負荷が少ないこととなります。

『トラップ & クリーン機能』とは

槽内環境に合わせて AS 菌を活性化させ油を効率的に分解!

滞留時間に合わせて曝気をタイマー制御し、油の放流を防ぎます。
槽内環境に合わせて、2種類の微生物からなるAS菌を活性化させてその相乗効果で効率的な油脂分解を行います。

trap-clean.jpg

営業時間帯:トラッピングタイム

  • 排水が変動する営業時間帯は、グリーストラップの基本機能を活かし、「油脂」と「水」を分離します。
  • 油脂は表面に浮上し、食べ物の残り粕は底に沈むため、水だけが放流されます
  • 通性嫌気性である光合成細菌の働きにより臭気が抑えられます。

営業終了後:クリーニングタイム

  • 流入・放流がとまり、設定時間になるとシステムが作動し、曝気がはじまり空気が供給されます。
  • 次に、AS菌が滴下され、曝気により菌が活性化し、油脂や悪臭の分解を行います。
  • さらに、微生物はそれらをえさにしてどんどん増殖し分解が促進されます。

AS 菌の特徴

2 種の微生物で効果的に有機物に作用!

AS菌とは、『アクティソイル菌』の略称で、好気性菌である選抜放線菌と、
通性嫌気性菌である光合成細菌の2種の微生物からなるものです。

選抜放線菌
AS-housenkin.jpg主に油脂の分解や、食べ物の残り粕などの分解をします。
空気を好む菌なので営業終了後の曝気を行うクリーニングタイムに働きます。



光合成細菌
as-kougousei.jpg光合成細菌は、悪臭を分解します。
空気がなくても生育できるので、曝気を行っていない営業時間帯のトラッピングタイムに働きます。


■使用上の注意・・・・・・・・・・・
 ○指定の用途および使用方法をお守りください。
 ○殺虫剤や殺菌剤は併用しないでください。
 ○直射日光を避け、冷暗所で保存してください。
 ○お子様の手の届かないところに保管してください。
 ○飲用しないでください。
 ○製造日より 1 ヶ月以内に使用してください。


■適性環境・・・・・・・・・・・
 ○適性温度: 20 ~ 40 ℃
 ○適性pH: 6.5 ~ 8.0
      (使用目的環境により異なってきますので、その都度ご相談ください。)
 ○特性:放線菌群・・・好気性  光合成細菌・・・通性嫌気性菌

メンテナンス

月に 1 度清掃や点検を行います。

お客様がメンテができない場合、弊社が承るかメンテ会社へ委託します。
E-システムを導入されたお客様は、グリーストラップより前の排水溝に『ゴミ受けカゴ』を設置し、その清掃を毎日お願いいたします。

  • 毎月のメンテ
    • AS 菌の補充・セッティング
    • システム機器の点検調整
    • グリーストラップ槽内の清掃
    • 点検報告書作成
  • 4 ヶ月に 1 回ブロワー内のエアクリーナーの清掃
  • 1 ~ 1.5 年に 1 回ブロワー内のチャンバーブロックの交換

設置されるお客様がメンテナンスマニュアルに則ってメンテナンスを行っても構いません。その場合、弊社は AS 菌の発送のみを行います。

現状と問題点

従来型グリーストラップの仕組み

厨房排水は、下水道や河川などには直接流さずに、いったんグリーストラップに溜められます。
ここで、水より軽い油脂は浮び、重い食べ物クズは沈み分離されます。
グリーストラップの構造上、水のみが放流されるという仕組みになっています。
油脂や食べ物クズ(汚泥)がたまってくると、
定期的にバキュームで槽内を引き抜きしなければなりません。

従来のグリーストラップの問題点

1. 衛生上の問題
油脂や食べ物クズがたまって悪臭や害虫(ハエ・ゴキブリなど)の発生源となっている。
2. 環境への悪影響
バイオ型・オゾン型のグリーストラップ排水処理システムのほとんどが24時間曝気処理を行い、
高濃度の油脂が処理されないまま
下水管や河川に流れ、環境汚染を引き起こしています。
また、グリーストラップにたまった油脂や汚泥は、
月に1度の割合で引き抜いており、焼却や埋め立てによって最終処分しているため、
CO2の大量発生や環境汚染などの原因にもなっています。
3. 処理コストの問題
分解処理をしない場合は、引き抜き回数が多く処理コストがかさみます。
今後、処理コストは高騰する傾向にあります。

24時間曝気方式の問題点

グリーストラップ排水浄化装置には、
常時空気を送り込み、微生物やオゾンで油脂を分解する
24時間曝気方式があります。この方式には問題がありました。


この対策として・・・

私たちは、時間制御で曝気する方式を採用するとともに、
AS菌の優れた分解力でグリーストラップの問題点を解決するための
画期的なグリーストラップ排水浄化システム『E-システム』を開発しました。

trap-clean.jpg

特徴

AS菌を利用した油脂・悪臭の強力分解

悪臭に光合成細菌が、油脂に選抜放線菌が強力に分解

時間制御の曝気方式 『トラップ&クリーン機能』

高濃度の油脂の流失を防ぎ、AS 菌がはたらきやすい環境も整備

悪臭・害虫の発生を抑制する

温床となる油泥を抑制するので、悪臭・害虫が減少

油・汚泥など産廃の排出抑制

排出量を抑制し、配管の詰まり等も抑制

よくあるご質問へ

<<関連特許>> 日本国特許  第2983014   第3075857
<<設置事業>>  外食産業 食品工場 スーパーマーケット ホテル 病院