title.png

スーパー宝蔵で施設経費の負担を抑え、
鶏舎環境を整備できる優れたシステムづくりを一緒に実現しましょう。

比較

オールインオールアウト方式とスーパー宝蔵を用いる養鶏の比較

hikaku.JPG

データ

有害微生物を激減させる!

スーパー宝蔵中の選抜放線菌の機能(詳細はこちら)によって、病原菌を分解します。
鶏ふんの菌数変化( 4 週間処理)を表しています。

keihunhenka.jpg

利用者の声

スーパー宝蔵で畜舎管理した利用者の声

管理者・利用農家・鶏 のすべてに良い結果をもたらしてくれました。

photo-hiyoko.jpgスーパー宝蔵を使用していると農場にはハエが少なく、悪臭はほとんどしません。
管理や菌の性能を考慮して床は土間にしています。
スーパー宝蔵を利用する前は、堆肥を配達しても余っている状態でしたが、
現在は好評で農家さんが自ら取りに来られて全て利用されています
冬場の寒い時期には、スーパー宝蔵の発酵熱で鶏舎床が温かく
雛が暖をとり(写真参考)、気持ちよさそうです。
このおかげで暖房代もかなり削減できましたよ。

Y 社 k 1 農場(ブロイラー)

衛生管理が行政に認められ、畜産農場の大規模化が実現!

broiler_pict2.jpg大規模な畜産農場建設は、悪臭や衛生上の問題で認可が降りにくいのですが、
行政の方が上記のK1農場を見学され、悪臭やハエが少ないなどの理由で、
認可が降りやすかったという経緯があります。

Y 社 k 2 農場(ブロイラー)

鶏舎環境が改善され、病原菌も激減!

以前、水場付近の土が板のように硬くひび割れており、そこに雛が足を挟み骨折することがありました。
また、そこは夏場は雑菌のすみかになっていました。
しかし、スーパー宝蔵の利用でこれらの鶏舎環境が改善されました。
また、育成農場ではスーパー宝蔵の処理前と処理後の土を菌数検査したところ
大腸菌とカンピロバクターが激減し、
嫌気性菌(クロストリジウム属、ボツリヌス菌、ウェルシュ菌など)も減少しました。

F組合(種鶏・ブロイラー)

悪臭が少なく、飛散するハエが減った。

他社製品は臭いがありハエが多く飛散していたけど、
スーパー宝蔵は悪臭が少なくハエが減り、短期間で良質の堆肥ができあがりました。

販売先の関連畜産農家

素性が確かな菌なので、安心して使用できます。

検疫所のため周辺地域の環境に配慮しつつ
素性の確かな菌を使用したいと思っていたところ、スーパー宝蔵に出合いました。
おかげで、悪臭やハエが減りました。

M検疫所

ふん特有の嫌な臭気が、服に付着しなくなりました。

グリーンコープと提携している牧園です。
スーパー宝蔵を利用するようになって、ふん特有の臭気が減り服に悪臭が付かなくなりました

A牧園(ブロイラー)

スーパー宝蔵で製造した鶏糞堆肥の使用者の声

質が良く、安心して使える堆肥です。

photo-tsujita.jpg「スーパー宝蔵を利用した鶏ふん堆肥は処理が安定しており、
成分が分かっているので、玉ねぎに多く施用しても安心して使えます。
今年はどのような結果になるか楽しみです。
玉ねぎのほかに、過去にレタスに施した事があります。
品種があまりよくないものでしたが、とても甘くなりました
まだまだ試行錯誤の段階ですが、消費者においしいと認めてもらえるような、
より良い作物を作っていきたいと思っています。」

生産者: T さん

化成肥料を使用せず、自然に優しい土づくりが出来るようになりました。

photo-yoshimura.jpg「スーパー宝蔵を利用した鶏ふん堆肥を使って3年目になります。
堆肥を施用して違った事は化成肥料を使わなくても良くなった点です。
作物は土作りが大事だといいますので、なるべく自然のものを使っていきたいと思います。
今後は、玉ねぎのほかにも使ってみようと思っています。」

生産者: Y さん

保健所資料

経費削減効果が認められた

山口県西部家畜保健衛生所資料より、堆積養鶏の有用性が認められています。
経費削減効果が認められ、衛生状態に大きな問題はないと結果がでました。
詳しくはこちらから Doticon_wht_PDF.pngkatikuhokenjo.pdf

使用方法

ブロイラー平飼いの場合

  • 25 倍希釈で 1 m2 あたり約 1 L 使用。
  • 畜舎床の場合は、敷藁やもみ殻に散布する。
  • 平飼い場合は、床面の土やふんに散布する。

① 成鶏の出荷
broiler_pict2.jpg

② 空になった鶏舎のふんの上に希釈した『スーパー宝蔵』を散布する
super-picture3.jpg

③ 1 ~2 日に 1 回ふんを撹拌し、2 週間~ 3 週間発酵させる
super-picture4.jpg

④ 新しい雛を鶏舎に入れて飼育(*)
photo-hiyoko.jpg

⑤ 上記①~④を 7 ~ 8 サイクル(飼育)を繰り返す

⑥ 溜まったふん( 1 次発酵済み)を取り出し、堆肥舎で 1 ヶ月程熟成堆肥化を行う
shiyouhou6.jpg

ふんを発酵させると、ふん由来のアンモニアが発生し雛に傷害がでる場合があります。換気には十分気をつけて飼育をしてください。